2015-12-22

期限を定め、率直で飾らない意見の薬剤師は転職で失敗しない

期限を定め、率直で飾らない意見の薬剤師は転職で失敗しない 薬剤師として転職活動をするとき、誰もが失敗をしたくないと考えます。それでは、どのようにすれば良い求人を見つけて転職できるようになるのでしょうか。これには、転職で失敗する薬剤師の共通点を避ければ問題ありません。失敗する薬剤師としては、「期限を切らない」ことと、「率直な意見を言わない」ことがあります。 期限を定めないと失敗する薬剤師が良い求人を探そうとするとき、多くは転職サイトのキャリアコンサルタントを活用することになります。そこで、私が転職サイトのコンサルタントにインタビューをしたとき、失敗しやすい薬剤師の条件として「期限を切らない人」が挙げられました。要は、「一ヶ月後までに転職先を見つけ、三か月には新たな就職先で働く」などの期限を見定めていない人は、転職で失敗しやすいといいます。まず、転職市場において、早く転職する人であるほど市場価値が高いことを認識しなければいけません。薬局や病院などの経営者にとってみれば、すぐにでも働いてほしい場合がほとんどです。そのため、「1年後から働ける人」と「1週間後には働ける人」では、その価値は何倍も異なります。これはつまり、年収や労働条件に大きく影響することを意味します。また、年齢が若いほど転職市場で価値が高いです。そのため、転職時期を先延ばしにするほど、あなたの価値は下がっていきます。さらに言えば、よくあるパターンとして、一年以上も転職活動をしたものの、結局のところ「最初の2週間にキャリアコンサルタントに紹介してもらった求人で転職を決める」というケースが多いと言います。当たり前ですが、自宅から近かったり年収が高かったりなど、良い求人を最初に紹介します。キャリアコンサルタントは良い条件で薬剤師に働いてもらうように交渉するのが仕事であるため、後の方になるほど「家から遠い」「労働条件が悪い」などの求人になってしまいます。そのため、キャリアコンサルタントから言わせてもらえば、半年も転職先を探しているのは考えられないと言います。なお、一般的には転職活動を始めて就職先が決まるまで、一ヵ月あれば多くの人は決まるといいます。条件が難しい人は二ヵ月ほど必要なこともありますが、少なくとも転職を成功させている人の中で半年も求人を探している人はいません。 率直で飾らない意見をコンサルタントへ伝えるまた、自分を良く見せようとするのではなく、考えていることを率直にコンサルタントへ伝えることも重要です。薬剤師は真面目な人が多いため、キレイにまとめようとします。例えば、「スキルアップのために転職したい」などです。ただ、普通に考えて単なるスキルアップであれば今の職場で行えばいいだけの話であり、転職したいとは思いません。そこで、例えば「現状の収入に不安があるため、今後のために在宅などの技術を身につけるために転職したい」という率直な考えを言うようにします。そうすれば、それに合わせた求人をようやく紹介してもらえるようになります。また、希望する年収を低めに言う人も多いです。これについても、明確な理由を述べたうえで率直な希望年収を伝えるようにしましょう。女性であれば、「不妊治療に専念したい」という転職理由も多いです。他にも、病気を発症したために転職する人もいます。不妊治療や自身の病気(持病)というのは、他人に伝えにくい内容です。ただ、そうした内容であっても飾らずにキャリアコンサルタントに伝えることで、ようやくそれに適した求人を引っ張ってくることができようになります。「不妊治療や病気で薬剤師が転職することは意外と多い」という事実を認識したうえで、本音でコンサルタントと付き合うことが転職で失敗しないコツになります。このように、転職で成功するためには「期限を定める」ことと、「率直で飾らない意見を言う」ことがあります。年収や持病のことまで含めて、思っていることを伝えるようにしましょう。これによって、転職で成功できるようになります。
元の記事を詳しく読む

カテゴリー